キャンドルのワックスは実はたくさんの種類があります!

キャンドル作りに使うワックスと言っても実はたくさんの種類があります。

原料も、石油系のものから、植物系、動物系などさまざまです。

そして、そのワックスの種類によって性質や特性は様々です。

キャンドル作りを上達するまず、初めのステップはワックスの特徴を理解することです。

ここでは、数あるワックスのなかから私が普段もっともよく使う基本的なワックスを説明していきたいと思います。

まず、初めに覚えておく必要のあるワックスは、石油系のワックスです。

私がいつも製作に使うワックスの大部分が石油由来のものです。

価格も手頃で、手作りキャンドルに一番よく使われるのが石油系のワックスです。

(パラフィンワックスの説明は、#contents1をみてね)

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]さてさて、ここではキャンドルの主なワックスについて説明していくよ〜!パラフィンワックスは前のページで説明しているので、ここでは、パラフィン以外のワックスについて説明していくよ〜![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]ワックスって基本的に白くてつぶつぶしているので、判別が難しいですね〜![/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]そうなんだよね。見た目ではよくわからないよね。でも、それぞれのワックスに効果や特徴などがあるんだよ。それを覚えて、使い慣れている事が、キャンドル作りの上達の近道なんだ![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]なかなか、奥が深いんですね〜。この中でも、よくもっとも先生がよく使うワックスはどれなんですか?[/char]

マイクロクリスタンワックス(ソフト)

重要度★★★

単体使用:可能
融点:約83°
引火点:約240°
色:白色(溶けると無色透明)
硬さ:粘土のように柔らかい

 [char no=”2″ char=”ほりさきP”]パラフィンと並んでよく使うのが、マイクロワックスだよ。

正式にはマイクロクリスタンワックスって言う名前だよ。私はソフトタイプを使っているよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]これは、すごい柔らかいワックスですよね。粘土みたいに粘り気がありますよね。[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]そうなんだ。溶かして色を付けて、薄く固めてシート状にするとカラーシートというワックスシートになるよ。主に、装飾に使ったり、すっごく便利なんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]パラフィンにも混ぜて使いますか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]パラフィンに混ぜて、粘り気を出して使うことももちろんあるよ!5%〜20%混ぜると、細工がしやすくなるよ。5%くらいで作業をする人もいるけど、私は10%〜20%入れる事が多いかな。細かい部分は、マイクロワックスを多めに入れるとやりやすいんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]なんで、マイクロワックスを多めに入れるとやりやすくなるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]粘り気が増すから、ひび割れをしにくくなるんだよ。それに、マイクロワックスの融点はパラフィンワックスに54°にくらべて83°と、かなり高いんだ。そのため、固まりにくい。だから作業する時間が長くとれるんだよ。試しに、5%でやるときと10%にしたときとで、作り比べてみるといいかもね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]普通のデザインの作品なら問題ないかもですが、細かいデザインを作りたいときはマイクロワックスが少し多めに入っていた方がやりやすいですよね。[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]初めての人は特に、そうだね。多めに入れた方が失敗しにくいね。うまく作れなかった作品もマイクロワックスを多めに入れたら、成功したってことも結構あるよ![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]慣れてきたら、自分の好きなワックスの配合を見つけていくのが上達のポイントですね〜![/char]

POINT!!

マイクロワックスには、ソフトタイプとハードタイプがあります。

カラーシートなどに適していて使いやすいのはソフトタイプの方です。
また、マイクロワックスの色も、ホワイトタイプを選ぶのがポイントです。ワックス自体の色が黄色いと仕上がりの色も全体的に黄色くなってしまうので注意が必要です。

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]マイクロワックスには、他にはどんな使い方や効果があるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]パラフィンワックスの気泡を除去して、ひび割れを防ぐ効果もあるよ![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]へ〜!そんな効果もあるんですね![/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]基本的に、パラフィンワックスは実はキャンドルだけの専用として開発されたわけではないんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]え〜!初めて聞きました!![/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]うちの会社がワックスを仕入れている担当営業さんが教えてくれたんだけど、ワックスは色々な工業製品に使われているんだ。だから、キャンドル専用では無いの。そのため、キャンドル用に使う時には添加剤を入れて性質を安定させる必要があるんだ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]安定っていうのは??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]例えば、そのままパラフィンワックスを溶かして型に流して固めると、キャンドルは出来上がるけど、、気泡がたくさん入ったり、ヒビが入ってしまったり、、つるんとキレイには仕上がらないんだよね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]それを、マイクロワックスを5〜10%くらい入れるとキレイに仕上がるですか??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]そうだよ。パラフィンワックスに別のワックスなどを入れることを添加って言うんだけど、マイクロワックスや、これから次に説明するステアリン酸を入れるとつるんとキレイに出来るんだ。そのままパラフィンだけの時よりも、ずっとキレイに仕上がるよ。[/char]

パラフィンの次に揃えた方がいいのが、このマイクロワックスです。

かわいいキャンドルを作るのにも、必須のワックスです。

まずは、覚えておきましょう^^

ステアリン酸

重要度★★★

単体使用:可能
融点:約57°
引火点:約225°
色:白色(溶けると無色透明)
形状:パウダー状

よく使うワックスの中では珍しい、動物性のワックスです。

ステアリン酸は、牛脂の飽和脂肪酸から作られているワックスです。

パラフィンワックスに添加して使う事が多いワックスです。

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]ステアリン酸もとてもよく使うワックスだよ[/char]

[char no=”8″ char=”メリーちゃん”]動物性なんですね。牛の匂いがしそう。。。[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]きちんと精製して作られているから、牛の匂いはしないよ〜![/char]

パラフィンワックスの融点は58℃。ステアリン酸はパラフィンワックスと融点が近いワックスです。融点が近いワックスは混ぜた時に溶ける速さも同じで、相性のいいワックスなんですね。

なので、この2種類はよく一緒に使われます。

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]キャンドル用って言う名前で売られているワックスは、キャンドル用に安定した性質になっているんだ。それには、実はステアリン酸を添加しているんだよ。もともとパラフィンを精製して溶かした時にステアリン酸を混合してあるんだ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]なるほど〜!じゃあ、キャンドル用って書いてあるそのまま使えるワックスがホビーショップとかで売っている時は、そのまま使ってもつるんって仕上がるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]そうだね、そのままでキレイに仕上がると思うよ。[/char]

POINT!!

パラフィンワックスに加えると、気泡除去の効果があり、5〜20%の添加で、硬度が増し、型抜けをしやすくなります。

ステアリン酸を添加すると、少し白っぽく仕上がるので色がキレイに見えると言う特徴もあります。

バイバーワックス

重要度★★★

単体使用:不可(主に添加専用)
融点:約60°
色:白色(溶けると無色透明)
形状:粒状

あまり聞き慣れないと言う人が多いのが、このバイバーワックス。

実はとっても便利なワックスです。私はもともと、このワックスがとても好きでよく使っていました。

あまり、一般的では無いのか、売っているネットショップもそう多くはありません。

でも、一度使うと手放せないほど、便利な必須ワックスです。では、軽くポイントを説明していきましょう!

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]バイバーワックスは、これだけでは使用しない添加専用のワックスだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]そうなんですね!どのくらい混ぜて使うんですか??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]バイバーワックスは1〜2%なんだよ〜![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]え〜!少ないですね!!300gのワックスだと、、ティースプーン一杯くらいですか??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]そうなんだよね。かなり少ない量で効果が抜群なんだよ。ステアリン酸が5〜10%入れないといけないのに対して、ずっと少ない量ですむんだよね。便利だよね〜![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]どんな効果があるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]気泡を除去したり、ヒビをなくしたり、、香料を入れた時のダマを防いだり、、色々と便利なんだよ〜![/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]あれ?でも、その効果、、どこかで聞いたことがあるなぁ、、。あ!ステアリン酸とほとんど同じ!?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]よく気づいたね!そうなんだよ!ステアリン酸とほとんど同じ効果なんだ。だから、場合によってはバイバーを使うことも多くあるよ。使う量も少なくていいしね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]じゃあ、逆に、ステアリン酸じゃなきゃいけない時ってどんな時なんですか??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]いい質問だね〜!メリーちゃん。それはね、スポンジっぽい質感とか、スイーツのスポンジっぽい質感はステアリン酸の方が得意なんだ。ステアリン酸をホイップすると水っぽい感じになるでしょ?それが、スポンジっぽい質感にとってもいいの。その感じは、バイバーではでないんだよね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]なるほど!そうなんですね。[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]逆に、バイバーにしかできない特徴もあるんだよ。それは、ふわふわの白いホイップを作ること。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]白いホイップ??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]私が、バイバーの最大の特徴だと思っているのはホイップをした時の滑らかさと白さ。これは、このワックスの最大の特徴だと思うよ。ホイップした時に、顔料とか入れないで、ここまで真っ白になるのはあんまり無いのよね。この白さがとっても美しいのよね〜〜[/char]

[char no=”8″ char=”メリーちゃん”]先生、うっとりしてますね。。。[/char]

POINT!!

ステアリン酸ととてもよく似た効果を発揮するバイバーワックス。まだ、キャンドルを作る人の中ではあまりメジャーなワックスでは無いかもしれないのですが使用用途は無限!特にホイップした時の美しさや白さは、特徴的です。ぜひ、覚えておきましょう!

ジェルワックス

重要度★★★

単体使用:可能
融点:約85°
色:透明
形状:ゼリー状(弾力あり)

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]ワックスの中でも珍しい、透明のワックスなんだよ〜[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]プルプルしてますね!![/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]このジェルワックスは実は、硬さが何種類かあるんだよ!これは、レギュラータイプなんだけど、他には、ハードタイプやスーパーハードタイプもあるよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]なるほど〜[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]もともと、ジェルワックスは流動性パラフィンって言う液体のワックスを固めて作られているんだよ。その固めるために入れている樹脂の量を調節することによって、硬さを表現しているんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]へ〜そうなんですね!硬さが違うワックスはどのようにして使い分けるんですか??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]私がよく使うレギュラータイプは溶かしてグラスに注いでも、そのままカットして使っても、どちらでも大丈夫な硬さなんだ。でも、夏は油分が溶け出てグラスに入れないでそのまま飾っておくとベタベタになってしまうの。そんな時はハードを使ったりすると、自立したジェルのキャンドルが作れるんだよ。そのまま飾ったり出来るよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]氷みたいで涼しげですね。[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]昔は、キャンドルって言うとやっぱりクリスマスの印象があったんだけど、ジェルワックスで海っぽいモチーフを作ったり、涼しいジュースみたいなキャンドルを作ったりするようになってからは夏でも人気になったんだよ。[/char]

涼しげに見えるジェルワックスですが、実は融点がかなり高め。

融点が高めと言うことはとても溶けにくく、そして、燃えにくいのです。

ジェルワックスを灯すと、炎の大きさはパラフィンワックスの約3分の1程度。

炎は小さめなんです。でも、ジェルワックスは透明なので、光を反射する効果があります。

そのため、灯したときの炎は小さくても表面に反射して、とても幻想的に明るく灯ります。

灯した姿も美しいワックスです^^

ソイワックス

重要度★★

単体使用:可能
融点:約47°~ 引火点:220°
色:不透明な白色。溶けると黄色
形状:フレーク状で粘り気のある柔らかさ

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]次は植物性のワックスです。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]ソイって大豆ですよね??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]そうだよ。植物性の中では、もっともよく使うワックスだね。値段も手頃だしね。他にもパームもよく使うワックスなんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]パームって、食用の油でもありますよね?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]食用の油になっているものは、だいたいワックスになっているよね。ワックス自体が油だし(笑)菜種油や、コメ油なんかも、キャンドルのワックスでもあるんだよ。[/char]

POINT!!

植物性のワックスの良さを簡単に紹介〜!

◆ススが出にくい。

◆溶ける温度が低いので、フレグランスキャンドルに向いている。

◆油分が多く、グラスから抜けにくい。

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]植物性のワックスで特にソイワックスはアロマキャンドルに用いられる事がおおいんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]それは、なぜですか??[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]一番、便利な部分は、油分が多くてベトベトしているから、溶かしてグラスに注いでグラスのアロマキャンドルを作ろうとした時にグラスにキレイに着いてくれるんだ。だから、流し込みにもとっても向いているんだよ。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]ソイワックスで作ったアロマキャンドルって、少し甘くていい香りがしますよね。[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]植物性のワックスはどれも、石油系のワックスとは違う独特の香りがあるよね。ススもでにくいし、アロマキャンドルにするには一番オススメだよね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]ソイワックスにも種類はあるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]実は、、、たくさんあるんだよ!柔らかさや油分も全然違うんだ。買う時に注意しないといけないワックスなんだよね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]まずはどの部分に注意が必要なんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]一番は、柔らかさ。グラスに注いで使う用なのか、、、そのまま型から抜けるくらい硬いものなのか。。しっかり見た方がいいよ。グラスに注ぐのは、コンテナ用って書いてあるのもある。型に入れるのはピラー用とかって書いてあるよ。[/char]

ミツロウ(ビーズワックス)

重要度★★ 。

単体使用:可能
融点:約63°~ 引火点:230°
色:不透明な白色。溶けると黄色
形状:フレーク状または粒状

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]ソイに引き続き、ミツロウです〜。これもとてもよく使うワックスです。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]ミツロウもソイみたいに使えるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]ミツロウもソイと特徴は似ているよ。植物性のワックスは基本的におんなじ感じだね。ススも出にくいし、実際に灯すにはとても心地よいよね。[/char]

[char no=”7″ char=”メリーちゃん”]ミツロウにしかできない使い方もあるんですか?[/char]

[char no=”2″ char=”ほりさきP”]ミツロウの特徴は、実はホイップにあるんだよ。ミツロウをホイップするとクリームみたいに絞れるんだよ〜!とってもなめらかで、口金の形がキレイに出るんだ。それは、ソイとか他のワックスだとやりにくいんだけどミツロウだとキレイに出来るよ。[/char]

POINT!!

植物性のワックスは融点が低く引火点が高めなので、あまり引火することはありません!

が、しかし!!120°を超えると、ワックスが劣化します!!

劣化すると言うのは、ワックスが高熱によって酸化してしてしまうのです。

酸化したワックスは、もう元に戻る事がありません。

そのままキャンドルとして使用することは出来ますが古い油のような、臭い匂いがします。

まとめ

そんな感じで、よく使っているワックスを抜粋しただけでも、こんなにも種類があります。

全てのワックスを使う必要はありませんが、このワックスを覚えておくと大体のものが作れるようになります。

パラフィンワックスとマイクロワックスだけでも、作ろうと思えば色々なものが作れます。

しかし、デザインの幅がなかなか広がらず同じようなデザインになってしまうことがあります。

ワックスの特徴や、性質をしることが上達には必須なので、ぜひ、色々なワックスを使って自分の作風を広げてくださいね^^