【OLOR 通信 no.6号】マレーシアとキャンドル/素敵な国/イライラの原因

【OLOR 通信 no.6号】

こんばんは!OLOR JAPAN堀崎です。



今週もあっと言う間に金曜です。
最近のあれこれを今週も
書いていきたいと思います。

先週から今週にかけて、
久しぶりの海外に行っていました。

なので、キャンドルを
あまり作っていません…(笑)。


キャンドルを作らない
1週間は久しぶりでした。

行った国はマレーシア。

ひょんなことから、知人のお仕事の関係で
1週間くらい行っていました。

前職では、アメリカや中国に
行くことが多かったので…、
マレーシア方面への渡航は初めて。
(あ、モルディブには行ったことあるか。)

今までも、仕事を含め、旅行などでも
海外の色々な国に行ってきましたが
マレーシアが一番日本人が少なかった気がします。

あまり、旅行中の人の日本語が聞こえてこなかったな〜。

でも、マーケットなどでは日本語で
『かわいいのあるよ〜』
『やすいよ〜』っと声をかけられたので、
きっと日本人もまぁまぁ来ているのかな
っと思いました。

(私は、どうやら現地ですぐに
日本人とわかるようで…、
必ず日本語で話しかけられる…。)


マレーシアについて、
どんな印象がありますか?

私は、失礼ながら全然印象的な
イメージがなかったのです…。
(ゴム?の生産とか??くらい笑)

ところがどっこい、
マレーシアはかなりの近代都市でした。

大きなショッピングモールが
ぼんぼん建設されてて、
街には、H&MやZARAもあって…。
スターバックスや、ユニクロもあります。

WiFiなどの、ネット系は
日本よりも整備されていて、
接続も安定しています。
みんなスマホも持っています。


そして、なんだか、
とっても活気がありました。

イスラム教の文化も色濃く残り、
ムスリムの女性はヒシャブと言う
被り物をしています。

そして、ムスリムの女性たちは
本当に美人が多い。


きっと世界的に見ても、この国の女性の
美しさは群を抜いているのかもしれません。


マレーシアは、オーストラリアと
すっごく近いので、
オーストラリアの文化や食べ物も多くて、
食品や日用品などは、結構オーストラリア製が
多かったです。

だからなのか、アジアっぽさが少なくて、
豪州っぽさがかなりあって、
近代的な感じがしたのかもしれません。


イスラム教は、豚肉を基本的に食べません。

宗教によって食べれないものがある、
日本ではあまり感じることが少ないですが、
海外に行くとさまざまな文化や生活習慣の
違いに触れられてとっても新鮮でした。


肝心な、キャンドルですが、
街中にはキャンドルショップみたいな
ものは発見できず、
また、知人のマレーシア人の方に聞いたけど、
家でキャンドルを使う習慣は無いみたいでした…。

ただ、オープンテラスがたくさんあって、
レストランではキャンドルが灯っていたので
レストランの食卓には、
灯す習慣があるのかな〜っと思いました。

私の会社では、3年前くらいにドバイの
高級セレクトショップのバイヤーさんに
気に入ってもらい、たくさんのキャンドルを
ドバイに輸出したので、
ドバイなどの国ではキャンドルは
人気があるのかもしれません。


マレーシアは、いい感じにゆるくて
活気があって、素敵な国でした。

たくさんインプットしたから、
新しいキャンドルも作れそうだなっと思ったけど、
帰ってきて一番にやらなきゃいけない締め切りが、
キャラクターのキャンドルデザインだった!(笑)
全然、まだ活かせてません…。

来週から、気を引き締めて
頑張らなきゃ!っと思いました!


本日も拙い文章を最後まで
お読みくださりありがとうございました^^


~堀崎の今週の一言~


日本に帰ってきて、東京の人はどうして
こんなにセカセカ、イライラして
いるのだろう?

と少し疑問に思って…。

考えてみると、
日本の電車も宅配も
全てほぼ時間通りにやってきます。

東京の23区にいると、
もうそれが当たり前。

今まで『アスクル』が翌日には届くのが、
早いな〜っと思っていたら。

Amazonなんて、2時間で足りなくなった
インクのカートリッチを届けてくれるように…。

当日配達も、どんどん当たり前になってしまった。

そして、どんどん待つことが
できなくなってしまったのか…。

当日に届く予定のものが、
予定に届かないとイライラする…。

今までよりも、
ずっと早く便利になっているのに。

どこまでいけば、イライラしないのか…。

東京のイライラの原因は、
当たり前と思っていることのハードルが上がり、
待つことがどんどん出来なくなった
ことなのかもしれないなぁ。

でも、その待つことが出来ずにセカセカとして、
急いで縮めた時間で、
果たして何をしているのだろう??

スマホでなにか見ているのかなぁ…。

帰りの銀座線に乗って、
私以外の人がスマホを眉間にシワを
寄せながら真剣に眺めている様子を
眺めていると、フッと、不思議な感覚になる。

『便利=幸せ』では無いのかもしれない。

LINEがいつでも出来て、
コミュニケーションが取りやすくなっても
人が密接に繋がれるかと言うと、
そうでもなかったり。

他の国の文化に触れ、
日本のありがたみが解ると共に、
近代国家の日本がなんだか
不思議な国に思えた今週でした。



今週もありがとうございました!
また来週も頑張りたいと思います。

それでは、また、来週に!