【OLOR 通信 no.14号】キャンドルの依頼/10年の使い方/藤田展

【OLOR 通信 no.14号】

こんばんは!OLOR JAPAN堀崎です。

今週もあっと言う間に金曜です。
最近のあれこれを今週も書いていきたいと思います。

今期は冬からのお仕事の依頼がとっても多い。

毎日のように問い合わせのメールや電話をいただく。

ハンドメイドでやっているので、
なかなか全てを受けることは難しいのですが…。


期間限定ショップも昔ほどはやれず、
今は決まった店舗のみ受けています。


新宿はやっぱり一番よく売れる伊勢丹かな。
大阪はスタッフが素晴らしく、
とっても丁寧にしてくれる梅田ロフト。


どちらも、たくさんのお客様が
いらしてくださる素晴らしい店舗です。

OEMも今年はお話をたくさん頂いていて…。

でも、コストが合うのも結構少なくて、
受けれる仕事は限られてしまいます。

昔からの知り合いやお友達のブランドは、
引き続き自由に作らせてもらえてて、
なんだかすごく忙しいけど幸せだなっと感じるこの頃です。


外の空気が涼しくなって、飲み物もホットを
ふ〜ふ〜しながら飲むようになると
今年もいよいよ忙しくなるなぁっと感じます。


ちょうど10年前の12月に会社を作りました。
その時からは、今のように電話で依頼が
たくさんくるなんて想像もできなかった。

毎日、残高の減っていく会社の
通帳を見ながら焦っていた10年前の毎日。


10年を何かに打ち込むと、
きっとそれなりに形になっていくんだなぁ。
っと改めて感じました。



人生の10年を何に使うか。
それは、実はとっても大切なことなのかもしれない。


デザインの仕事は、会社に入って
先輩や上司にたくさん教えてもらって、
現場でお給料を貰いながら、
学ばせて貰いました。



初めて入った会社でしっかり
教育してもらったお陰で、
どこにいってもデザインの仕事のイロハは
わかる様になりました。

それは、今でもとても感謝していて…。




でも、キャンドルは誰も教えてくれなかった。



自分で実験して試して、ノートに書き留めて、
初めてくる量産の仕事をドキドキしながら
自分に
『プロなんだからな、しっかりやらなきゃだ』
と言い聞かせて努力を重ねてきました。



今、新しくやっているOEMのお仕事は
クライアントさんが大きな企業なので
商品に関する基準が厳しいので、
たっくさんの質問をしてきます。

香料に関することや、
ワックスの試験表の提出、
落下テストの事などなど…、
色々な質問などにスラスラ
答えられるようになり、
問題があれば、解決策をすぐに
提案出来るようになった。


10年もたてば、
立派なプロになっていけるのだろうか。


10年もたてば、
仕事としてこなしていけるのだろうか。


10年もたてば、
会社として成り立っていけるのだろうか。


この前、片付けをしてて出て来た
自分の10年前の手帳にこう書いてあった。

きっとその時は不安だったのだろう。

でも、10年たって、
今年もこの仕事をやれている。
鼻に感じる少し冷たい空気が、
なんだか涼やかな気持ちにさせてくれる 気がする。

自分の人生の10年を何に使って、何に打ち込むか。
10年で確実に人生はかわる。

忙しくなると手は作業で
猛烈に忙しく動いているのに、
頭だけが妙に冷静で、
全然別のことを考えていたりする。

そんな時に、フッと色々なことを
思ったりするのでした。

なんだか、この時期のこの空気が
私は好きだったりする。


〜〜今週の堀崎のひとこと〜〜

先日、ずっと行きたかった
東京都美術館で開催中の
藤田嗣治展に行って来ました。


人生の半分をフランスで暮らし、
絵を描き続けた藤田嗣治。

私は、このひとの書いた女の人の絵のポストカードを
18歳で初めて行ったフランス旅行で
見つけて買いました
(たしか、どこかの美術館かギャラリーだったと思う)。

それから、しばらく忘れていて、
ある時、偶然に箱根美術館の
ポストカード売り場で再び発見し、
懐かしくなり買い、ずっと飾っていました。

今も、その絵がとても好きです。

藤田嗣治の描くパリの冷たい感じと、
おしゃれな色づかいがとても好きです。

展覧会には、その絵も飾ってあって、
やっと本物をみれました。

印刷の色とはくらべものにならない、
ものすご〜〜く繊細な色や線に
本当に感動しました。

他にも素晴らしい絵が
たっくさん飾ってあって。

時間を作ってでも、心の栄養を吸収しに
出かけてよかったなぁと思いました。

そこで、初めて展覧会用の
音声ガイドを借りてみたんです。

どんなものなのかなぁっと思って。

そしたら、まぁビックリ!!!

クラシック音楽も入っていたり…、

とっても素晴らしくて、
ナレーション付きで詳しい解説や
絵の背景を知れて
展覧会が100倍楽しくなった。


誰かと行ったりした時は、
やっぱり会話しながら
ゆっくり観るのがいいと思うけど、
一人で行った時は、
あれを借りたら素晴らしいですね!


あれは、ひとり『日曜美術館』みたいになるね!
(『日曜美術館』はNHKでやっている好きな番組 笑)

会期は10月8日まで…。
もうあとちょっとで終わってしまします。

とてもよかったので、
よければ3連休にお出かけしてみてくださいませ〜^^

※藤田嗣治もとても風貌が変わった人で、
特徴的な髪型とメガネをしています。
ギャラリーで販売しているグッズに
本人のキャラだと思われるグッズが
たくさんあったのですが

どうも、、イラストのタッチがギャグっぽい感じで…、
『なんでだろう〜』っと疑問に思っていたら

漫画家のしりあがり寿が書き下ろした藤田嗣治だった…。
なんで、しりあがり寿に書かせたんだろう…
展覧会の最後に、ひとりでモヤっとしました。笑


今週も頑張りました!
来週もがんばります〜〜!
それでは、また来週のメルマガで〜〜^^