【OLOR 通信 no.34号】稼げる資格/おどおど営業M氏/10年越しの電話の相手

OLOR 通信 no.34号】

こんばんは!OLOR JAPAN堀崎です。

今週もあっと言う間に金曜です。
最近のあれこれを今週も
書いていきたいと思います。

2月もあっと言う間に過ぎ去り、
もう3月ですね。
本当に早いです。

今月くらいから、
どんどん暖かくなっていくのかなっと
思うとなんとなくウキウキします。
(花粉症では無いので…、春はとても好きです)

今週も少しゆっくりとした
ペースではあったのですが、

なぜか酷い風邪を引き、
久しぶりに熱を出し、
予定していた仕事の段取りがズレまくってしまいました…。


いつも驚くことに、熱を出すのは
お教室の日や、設営の日では
無いことが多く(笑)


なんだか、不思議なもんです。


2月に予定していた、
自社のオンラインショップや、
福袋レッスンの予定が大幅にズレて
しまっていて大変すみません!!


3月に改めて、開催したいと思います^^




今日は、久しぶりにあった電話で思い出した、
こんな話しを書いてみたいと思います。


アトリエには、時々営業の電話がかかってきます。


どっから調べたんだか…、
色々な営業の電話がかかってきます。


その中でも、すっごく久しぶりに
今週かかってきた電話。


それは、リクルートからの電話でした。


リクルートと言えば、敏腕営業マンが多く
起業する人も多い、出来る会社!みたいな
印象があったのですが、
(私だけでしょうか?)



ちょうど、7年くらい前に
我が社に営業に来た男性営業マン、M氏は…、
そんな印象からはかけ離れた感じの方でした。



当時は、『ケイコとマナブ』って言う
情報誌がまだ少し人気があり、


その特集に載せさせてくれないか?
と言う営業だったのですが。



その、特集のタイトルが
『これが、稼げる資格!!』ってやつだったのです笑。



この、営業マンのM氏は
年齢は20代後半くらいで、

とっても細い方で、
終始オドオドとしてて、


『どうして、リクルートの営業に?!』

っと言う感じの方だったのです(笑)

そして、まだ、千駄ヶ谷にあった
アトリエで打ち合わせをさせてもらいました。



声のちぃ〜さいM氏の話しは、
よく聞こえない感じだったのを
今でも覚えています。


オドオドと『稼げる資格』の企画書を
説明してくれて…、


そして、
最後にちぃ~さい…声で




『100万円になります』っと言いました。





私:『ん?!!』




M氏:『100万円になります』



私:『ん?!!なにがでしょうか??』


M氏:『あ…広告料です…』




おいおい!すごい金額だね!!(心の声)


そもそも、
うちの会社は資格はやってないし、


『ケイコとマナブ』の1Pの特集で
広告費が100万もするってこと自体
全然知らなかったから余計にビックリしました。


今は、もうSNSや、
バナー広告の方が主体だから、


きっと『ケイコとマナブ』を
買って読む人なんて…居ないかもですね。


7年前だって、
結構ギリギリだったのですが。


まだ…、雑誌が生き残っていたような…。



実は、その営業のM氏は、
他のキャンドル教室も担当していて、

それは資格を売りにしている
キャンドル教室だったのですが…、

その教室が以前、
その雑誌に出した広告を参考に持ってきて、


『こちらのお教室は見開きで
載せさせて頂いていて…200万でした。』


と同業者に漏らしていいのかな〜?と言うような
情報もたくさん話してくれました(笑)


ダメな営業さんだ…。



でも、この広告に200万も払うって…、


すごい世界だなっと思ったのでした…。


我が社は、もともと資格も売りにしてないし、
もちろん断りましたが(笑)


M氏が帰ったあと、
ぼんやりと『稼げる資格』って…っと
考えてしまいました。



稼げるって、どのくらいを言うのか?


その基準は人によって違うしなぁ…。


OLを辞めて起業して、
お教室をやった場合は
今までのお給料と同じ金額程度を
稼ぐってことを意味するだろうし、



主婦で、お家で可能な時間だけ、
お教室を開業して、
扶養内で収入を得ることが目的なら、
パート代程度を稼ぐってことを意味するのかな。



会社を作って、事務所代や、
スタッフの給料などを支払うことが必要なら
それだけ多くのお金が必要だから、
それを稼ぐってことだろうなぁ。



人によって、それは様々だから、
一概には言えない。


『ケイコとマナブ』は今、どうしているのか…、
よく知らないが


書店で見かけることもなくなった今…、
きっと、ケイコもマナブも…、
どこかへ行ってしまったのかな。



今週かかってきたリクルートの
営業さんはM氏では無く(笑)、


地域の情報誌の担当の方だったのですが、



フッと、7年前のM氏との、
謎の打ち合わせを思い出したのでした。






〜今週の堀崎の一言~

今週は何だか、
不思議な電話が多かった週でした。



リクルート以外にあった不思議な電話は、
横浜にある司法書士の事務所からでした。



はじめは、『ん??誰だっけ?』
っと思ったのですが…



そう言えば!!!



我が社を設立する時に、
登記に必要な書類を作成してもらった
司法書士さんでした!


それは、はるか昔…

10年前のあの日…。


当時、私は横浜の山下公園の近くに
住んでいたのですが、

会社を設立する時に、
自分で書類を全てやるのが大変で…


ハローページ(←これも懐かしいな!)で


近所の司法書士事務所を調べたら
家からすぐのところにあったのです。



山下公園のあたりは、
日本大通りがすぐなので…、
神奈川県庁や、法的な機関が
とってもたくさんあります。


その一つの、良さそうだなっと
思った事務所にお願いして
設立準備をしました。


今週かかってきたその電話は…

『設立から10年経ったので、
会社法で決まっているので役員の
継続手続きをしてくださいね』って


連絡だったのです。

ほ〜!そんな 会社法があるんだな…。


会社をやって初めて知る
社会の仕組みがたっくさんある…。


(会社ってさ…、手続きの度に、
 税金掛かります…。やめて…。)


人生は、毎日勉強だな…。


そうか…、あの、司法書士事務所に
行って会社を設立したあの日から…、

もう10年かぁ…。

今でも、あの司法書士事務所に
書類を最終確認しに行って、


『あ〜、自分の会社が出来るのかぁ〜』


と思いながら歩いた道の風景や
匂いを覚えています。


あの辺りは、海の匂いがほのかにします。


あれから、10年。


今の自分を想像していただろうか…。

う〜ん…、ちょっと違ったかもな…笑。


でも、まぁ、ちょっと違うけど、
なんとなく、目標にしたことは
だいたい叶えられたような気がするな。


人は、1年で成し遂げようとする計画は、
ぎゅーぎゅーに詰め込み過剰に期待するけど、


10年で出来る目標は、意外と過小に見積もる。




でも、実は10年って結構、

進めるものなのかもしれない。



今週も、ありがとうございました!

また、来週のメルマガで~~!!